スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

grenier + plus + の屋根裏市

.25 2012 information comment(0) trackback(1)






フランスでは
蚤の市のことを
「vide grenier」(屋根裏を空にする)といいます。

屋根裏部屋では
たくさんのブロカント(古道具)たちが
その日を静かに待っているのでしょう。



grenier + plus +(グルニエ プリュス)さんが

ヨーロッパ各地から集めた古いものと
天然石のアクセサリーをつれて
屋根裏市をひらいてくださることになりました。


織りの美しいリボンや繊細なレース。
凝った細工のタッセルや
色とりどりボタン、カード…。


長い時間をかけて
コツコツと
丁寧に
集めつづけた
秘蔵の品々。

屋根裏で眠っていた
宝物たちに
逢いに。


ぜひ。


grenier + plus + の屋根裏市

2012.7.6(fri)~ 8(sun)

11:00~19:00


スポンサーサイト

夜の帳、あるいは夜の蝶

.12 2012 vintage clothing comment(0) trackback(1)
地味な顔立ちのせいか、
柄物や明るい色づかいの服を好んで着ることが多い私。
ひそかに掲げている永遠のテーマは黒を着こなすこと。
しかも、自然と暗いトーンのワードローブが増える秋冬ではなく
あえて夏に、あえて夏の、黒。



入荷したばかりのヴィンテージ服のなかに、
この夏着てみたい黒をたくさん見つけました。




06114.jpg
袖にだけたっぷり使った贅沢なレースが際立つ




06116.jpg
ベルトのバックルにはさりげなくビーズがあしらわれて




06117.jpg
お花の刺繍にころんとまるいボタン
60年代風ミニワンピース




06112.jpg
少し光沢のある生地にコットンレース
きちんとした印象のなかにも可愛らしさを





少し色をつかったものも…



06113.jpg
夜のとばりにネオンの花びらを散らしたようなシルクのドレス




06115.jpg
背中でクロスする肩ひもがセクシー!




「夜のとばり」といえば、
今月公開される映画『夜のとばりの物語』でも
影絵の黒が効果的に使われていますね。
黒い影と対比させることで浮かび上がる光、色彩美。

同じくアニメーションのラウル・セルヴェ『夜の蝶』
光と影が幻想的に描かれた作品で、
品と艶、保守と前衛など、私が黒に感じる魅力が
ここにつまっている気がします。




では最後にいちばんのお気に入りを。
個人的には黒の分量はこれぐらいで…



06111.jpg

黒いスカートにエプロンを重ねたようなワンピース
肩ひもの太さもこれぐらいなら安心(笑)
やっぱり私にはまだ、黒のハードルは高そうです…


いまのところ黒は差し色程度にして、
明日もロブジェキペピでお待ちしております。




posted by kaori

 HOME 

about

2010年春、神戸・岡本に誕生した一軒家ショップ 「ロブジェ キ ペピ」スタッフによるブログ。 「さえずるオブジェたち」という店名のとおり ヨーロッパの古道具や雑貨、ヴィンテージ古着 たちとの楽しいおしゃべりを、お伝えします。

L'objet




L'objet qui Pepie/ロブジェキペピ #6580015 兵庫県神戸市東灘区岡本5-2-4 tel+fax 07 87 78 42 57 lobjet@kica.co.jp open 11:00~19:00 closed on Tuesday

follow me

recent entry

category

archives

comments

search this site

RSS

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。