スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵画のように

.27 2010 vintage clothing comment(0) trackback(0)
芸術の秋

ロブジェキペピのクローゼットをのぞくと

さながら美術館のよう




09272.jpg

サイケなマーブル模様の油絵は
ロールカラーがキュートなトップス




09273.jpg

モンドリアン風味の抽象画は
切り替えのラインが面白い個性派トップス




09271.jpg

にじむような水彩画は
しっとりつややかなシルクのスカーフ



ロブジェ美術館へようこそ!


posted by kaori
スポンサーサイト

もぎたてフルーツ

.26 2010 vintage clothing comment(0) trackback(0)
秋分をすぎたと同時にすっかり秋本番、
猛暑で減退していた食欲も無事(?)もとどおりに。

実りの秋、ロブジェキペピではフルーツが豊作です。
秋のフルーツといえば梨、ぶどう、いちじく…
いえいえ、こちら。



fr-1.jpg

もぎたてのさくらんぼ!


個性的でひねりのあるデザインを得意とする
オランダのブランド、DeLuxeのヴィンテージ・アクセサリー。


同じチェリーをモチーフにしていても
それぞれに異なったデザイン、表情の違うマテリアル…



fr-3.jpg
 
アメリカンクラッカーみたいにボールがゆれるピアスのキュートさときたら、
このピアスのために穴をあけてもいいとさえ思うほど。



fr-2_convert_20100926010657.jpg

チェリーの実の軸の向きを変えることで動きを出していたり、
左右で異なるパーツを使った葉っぱなど、デザイナーのこだわりが随所に。



そして、トロピカルフルーツの王様…



fr-4.jpg

パイナップル!!



DeLuxeのアクセサリー、他にもたくさんの個性派が揃いました。
姉妹店Kicaのオンラインショップでもご紹介していますので、
自分だけのリュクスなお気に入りをさがしに、ぜひご覧ください!



posted by kaori

ヴィンテージ秋服、入荷!!

.25 2010 vintage clothing comment(0) trackback(0)
1週間前まで、35度を超えていたとは思えないほどすっかり涼しくなりましたね。

暑さにめっぽう弱く、秋の装いが大好きな私は、
目の前に可愛い服達が続々入荷しているのに着れないというジレンマに悩まされていました(笑)

それもやっと解禁!!
今日は数あるお気に入りの中からとびきりの一枚をご紹介します。

この綿別珍のワンピース☆
画像では色がうまく出せなくて残念ですが、深い緑のベースに、オレンジやベージュのアラベスク模様。
肩幅狭めのぴっちりサイズと、絶妙な八分袖。裏地の少しポップなグリーンもお気に入りポイント。
ska-to.jpg

胸に付いた小さな5つのくるみボタンに胸がきゅんとなります。

up.jpg

おそらく昔どこかのおしゃれさんがオーダーで作ってもらった、手縫いの一着です。
丁寧に丁寧に仕上げられています。

これにからし色のベレー帽なんて合わせて、編み上げのブーツとか履いたら、きっと可愛いなぁ。。。
実は、ちょっとわたしには窮屈で、ロブジェでの意外と力のいる作業には着れません。。。あぁ、残念!

名残り惜しそうにじっと見つめながら、ほっそりさんにお譲りしたいと思います(泣)


posted by haruko



理想の椅子

.19 2010 antique comment(0) trackback(0)
ロブジェキペピに並ぶアンティークの家具や雑貨、
そのほとんどはヨーロッパのものですが、
日本の古いものも違和感なくまじっています。


09191.jpg


オープン当初からお店にいる古株、この椅子もそのひとつ。
いつも古着の部屋の奥にひっそり置かれているのには理由があります。

ひとつは、靴をためされるお客さまに掛けていただけるように。

そしてもうひとつ…
わたしたちスタッフが事務仕事をするとき、腰掛けるために!

商品を日常使いするなんて、たいへん申し訳ないのですが
この椅子、すばらしく座り心地がよいのです。



適度に張りがありながら、ふかふかの座面。

時を経ていい具合にくたびれたビロードを留めている鋲の色が、
個人的にたまらないポイント。

09192.jpg



腰から背中にかけてやさしくホールドする、背もたれの絶妙なライン!

09193.jpg



1点もののアンティークにはどうしても愛着がわいてしまって
できればいつまでも旅立ってほしくないな…なんて思うものもたくさんありますが、
この椅子への想いは、スタッフみんな同じなのではないでしょうか。

とはいえ、気に入っていただけたらいつでもお嫁に出す覚悟はできていますので
理想の座り心地をお試しになりたい方はどうぞお声をかけてくださいね。


posted by kaori

可憐なアート

.13 2010 other comment(0) trackback(0)
VACANCE展にも参加してくださったhanoAさんから
可憐な押し花が届きました。


ha-1.jpg


近年アンティークのボタニカルアートが注目を集めていますが
押し花の標本ともいえるhanoAさんの作品はまさに、リアルボタニカルアート。
壁にそっと飾るだけでお部屋がやさしい印象に。


ha-4.jpg

ha-5.jpg


1枚1枚手染めされた台紙のひなびたあじわいも素敵。
ポストカードサイズのものはプレゼントに添えても…
生花ともドライフラワーともちがった魅力をおたのしみください。



posted by kaori

スワン3姉妹

.12 2010 zakka comment(0) trackback(0)
古びた一軒家ショップ、ロブジェキペピで
耳をすませばきこえてくる
アンティーク雑貨やヴィンテージの洋服たちの
たのしいおしゃべり。


きょうの声の主はこちら。


swan-1.jpg


アンティークリネンの水面を優雅に泳ぐ、スワン3姉妹。


「お姉さん、きょうも羽のお手入れバッチリね!」

「あなたこそ、きょうはいちだんと刃が鋭いこと」

「ねえさまたちー、おいていかないで~!」


いちばん上のお姉さんはフランス帰りのアンティーク。
小さいものが入れられるようになっていて、
内側には取り外しができるガラスが組みこまれています。


swan-2.jpg
羽のかたちにそってカッティングされたガラスなど、繊細で優美なティテール


真ん中のお姉さんはポーランドうまれ。
つぶらな瞳からは想像もつかないその実体は、
切れ味抜群のシャープナー!


あまえんぼの末っ子もフランス帰り。
ちっちゃいけれどチカラ持ちのカードスタンドなのです。


swan-3.jpg
さりげなくアンティークの切手を飾っても


そんな仲良し3姉妹、店頭でははなればなれでいることが多いので
あちこち探してみてください。


そうそう、先日入荷したばかりのスカートに
偶然こんなタグを見つけました!

swan-4.jpg



さてさて、つぎはどんなおしゃべりがきこえてくるのやら…


posted by kaori

ありがとうございました!

.11 2010 event comment(0) trackback(0)
ヴィンテージバッグ展、好評のうちに終了しました。
ご来場いただいたたくさんのお客さま、ありがとうございました。

最初は壁一面を埋めつくすほどのボリュームだったバッグたちも
それぞれ新たな持ち主さんのもとへ。

数が少なくなるにつれて寂しい気持ちになったりしましたが、
お気に入りを見つけて「来てよかったー!」と言っていただくと
そんな気分も一掃されました。

この展示のために貴重なコレクションを提供してくださった
バッグデザイナーのKayo Fujimotoさん、
学校がある日もお手伝いに駆けつけてくれたニーキちゃん、
本当にありがとうございました!



展示期間中、お店に立っていると当然かわいいバッグたちの誘惑が…
お客さま優先!という気持ちと手に入れたい気持ちのせめぎあいだったのですが、
その結果私が手にしたのは…


vb-1.jpg


バッグではなく、子供用のワンピースでした。
(ディスプレーされてたの、ご覧いただけましたか?)
コツコツとヴィンテージの子供服を集めているのですが、
これはもう別格のかわいさ!



バッグ展が終わってまもなく、秋物のお洋服がたくさん入荷しました。
たくさんあるなかで、今回いちばん心おどるデザインだったこちら…


vb-2.jpg


おそらくハンドメイド、グリーンのフリンジがかわいいんです。
あれ、なんかちっちゃい…?と思ったら子供服でした(残念!!)
小柄で華奢な方ならトップスとして着ていただけるかも?
ぜひおためしをー。



posted by kaori

ヨーロッパのヴィンテージバッグ展、いよいよ明日から。

.02 2010 event comment(0) trackback(0)


本日は、「ヨーロッパのヴィンテージ展」搬入日。

バッグデザイナー Kayo Fujimotoさん秘蔵のコレクションが
ロブジェ キ ペピに どっさり運び込まれました。


バッグ展全体

壁一面を埋め尽くす、色とりどりのバッグたち。

バッグ展/ヤング


少し大ぶりなバッグは、
どれも丈夫でグッドコンディションなものばかり。
日常使いに大活躍まちがいなしの機能派そろいです。


バッグ展/トランク

時を経たものだけが持つ、味わいと存在感。
フランスのツールバッグやトランクは
収納を兼ねた、絵になる空間づくりにお勧め。


バッグ展/パーティ

60年代にEnid Collinsによって生みだされ、
今なお世界中のコレクターに愛されつづけるコリンズバッグをはじめ、
50年代のドイツ製ビーズバッグ、ビーズやラインストーン、
ガラスなどをちりばめた、まるで宝石のようなバッグたち。
永遠に色褪せない審美性に溜息。


バッグ展/クラシック

上質なフォーマルバッグたちも、
秋冬は特に気になる存在。
あえてカジュアルな装いに
合わせてみるのもお勧めです。

バッグ展/アクセ


バッグを開けるたびに幸福になれる、
かわいいコインケースやポーチたち。


bagomote.jpg



素材、デザイン、色、そして。
時代を超えてなお放たれる強烈な存在感。
永遠に褪せない魅力を纏った100のヴィンテージバッグたち。

バッグデザイナーKayo Fujimoto秘蔵のコレクションを展示販売するイベントが、
いよいよ明日から始まります。


貴方だけのお気に入りを探しに、ぜひ。

bagura.jpg


LA MOSTRA DELLE BOLSE DI EPOCA
ヨーロッパのヴィンテージバッグ展

2010.9.3 fri~9.8 wed

ロブジェキペピ 2Fギャラリースペースにて
神戸市東灘区岡本5-2-4
(阪急岡本駅北改札から線路沿いを東へ1分)
tel: 078(778)4257 木曜定休


posted by morimoto

!!!!!

.02 2010 antique comment(0) trackback(0)
古びた一軒家ショップ、ロブジェキペピで
耳をすませばきこえてくる
アンティーク雑貨やヴィンテージの洋服たちの
たのしいおしゃべり。


きょうの声の主はこちら。


09021.jpg


フランスから、届きたてのほやほや!
びっくりマークを並べたみたいなデザインが印象的なカフェオレボウル。
とりわけかわいいデザインが多いことで知られる
ディゴアン&サルグミンヌ窯のものです。


09022.jpg


他にも、われらがオーナーが真夏にフランスを旅して連れ帰った
選ばれし精鋭たちがロブジェに並んでいます。
目移りせぬよう、ご用心を!


さてさて、つぎはどんなおしゃべりがきこえてくるのやら…


posted by kaori


 HOME 

about

2010年春、神戸・岡本に誕生した一軒家ショップ 「ロブジェ キ ペピ」スタッフによるブログ。 「さえずるオブジェたち」という店名のとおり ヨーロッパの古道具や雑貨、ヴィンテージ古着 たちとの楽しいおしゃべりを、お伝えします。

L'objet




L'objet qui Pepie/ロブジェキペピ #6580015 兵庫県神戸市東灘区岡本5-2-4 tel+fax 07 87 78 42 57 lobjet@kica.co.jp open 11:00~19:00 closed on Tuesday

follow me

recent entry

category

archives

comments

search this site

RSS

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。