スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エミリーに捧ぐ

.21 2014 antique comment(0) trackback(0)
こちらでは新年のごあいさつもしないままに、
気がつけば1月も後半でした!

2014年もロブジェキペピをよろしくお願いします◎



突然ですが、みなさまが幼い頃に好きだったアニメは何ですか?
私の場合、やはり世界名作劇場の存在が大きくて…

といっても当時はさほど真剣に観ておらず、
大人になってからCATVのアニメチャンネルで
「赤毛のアン」にハマったり。


最近ふとしたことがきっかけで
「赤毛のアン」と同じく世界名作劇場の作品のひとつ、
「小公女セーラ」のオープニングテーマを聴く機会があり、
その歌謡曲的大仰な歌に魅了されてしまいました。

当然本編を観ずにはいられなくなって、昨日は26話まで鑑賞…
運命に翻弄されながらも強く気高く生きる主人公セーラはもちろん、
セーラを献身的にささえるベッキーがいじらしくて…(泣)

そんな風に「小公女セーラ」の世界にひたっていたら、
ロブジェにあるロッキングチェアーが
セーラの大切にしているお人形“エミリー”を座らせていたそれと
オーバーラップして…
そこにエミリーが座っているかのような錯覚に陥ります(かなりの重症)


ch-4.jpg


セーラのロッキングチェアーは、
富豪の父が破産して亡くなったのち
無惨にも取り上げられてしまうのですが。




「小公女セーラ」の話はこれぐらいにして…
ロブジェにはロッキングチェアーの他にもこんな椅子が。



ch-3.jpg

イギリスからやって来た、やさしいベビーピンクの猫脚ソファ。



ch-2.jpg

こちらは日本のヴィンテージですが、
海外のミッドセンチュリーなインテリアにも馴染みそう。



ch-1.jpg

こんな愉快な椅子!…は取扱ございません、あしからず。


明日も、ロブジェキペピでお会いしましょう。



posted by kaori
スポンサーサイト

軽い手荷物の旅(または鍵穴を探せ)

.01 2013 antique comment(0) trackback(0)
軽い手荷物の旅に出よう




412.jpg

はじまりはいつもこの扉から




413.jpg

お気に入りのスカーフはたしかこの引き出しに




414.jpg

旅先のお小遣いは余裕をもって




411.jpg

トランクの荷物は最小限に




416.jpg

戸締まりもお忘れなく




415.jpg

鍵をかけたらいってきます!




明日火曜日はちょっとした旅に出ます

また水曜日に、ロブジェキペピでお会いしましょう



posted by kaori

羅針盤

.05 2012 antique comment(0) trackback(0)
いつも高いところから

私を照らす

あなたをふと

真下から見上げてみた




それは羅針盤のようで

09052.jpg





あるいは舵のような

09053.jpg






たまには上を向いて歩こうと思った

航海の途中





09051.jpg




posted by kaori

見返し美人

.19 2012 antique comment(0) trackback(0)
小さい頃、図鑑を見るのが好きでした。
とりわけ天体の図鑑は、空想好きな私にとって
「ここではないどこか」へいざなってくれる恰好の遊び道具で、
ページをめくっては月のクレーターや土星の輪っかに想いを巡らせていました。


なんていうとかなりの天体オタクみたいですが
先日のスーパームーンはうっかり見逃してしまいました…
そして来る21日は金環日食、まだ専用メガネは用意してません!



きょうは空前の天体ブーム(?)にぴったりの絵本をご紹介します。



051813.jpg

天体をテーマにしたドイツのヴィンテージ絵本。




05181.jpg

地球がまるいこと





05182.jpg

宇宙がひろいこと





05185.jpg

月の満ち欠けの不思議





05183.jpg

季節はなぜめぐるの?





05186.jpg

「それはね…」



ちょっとコワモテな博士が教えてくれます。





05187.jpg

見返しの星たちがまばゆい☆








他にもおすすめの絵本を、こちらはハンガリーから。




051811.jpg

おまじないみたいな文章で内容はさっぱり???ですが、
独特の興味深いイラストが満載なんです。





05188.jpg

基本的にはこんな素敵な感じなのですが…





051810.jpg

ルンバ顔負け!!





051816.jpg

そなたが落したのは金の鍵、それとも銀の鍵?






051815.jpg

こちらも、カラフルな見返しが可愛い♡








そして絵本ではありませんが、美しい装丁でおなじみのネルソンシリーズ。



051812.jpg




見返しまで絵になります。
Nのイニシャルの友人にプレゼントしたら素敵だろうな。

051817.jpg





余談ですが、日食と聞くとつい思い出すのが
甘食というUFOみたいなかたちのパン…
思い出したらおなかが空いてきたので今夜はこれぐらいに。


明日もロブジェキペピでお待ちしております。




051814.jpg

いい夢みろよ!



posted by kaori







.17 2011 antique comment(0) trackback(0)
古びた一軒家ショップ、ロブジェキペピで
耳をすませばきこえてくる
アンティーク雑貨やヴィンテージの洋服たちの
たのしいおしゃべり。


でも、今日はいつもと様子がちがいます。
ずっと東へ、もっと北の遠くへ、
何かよびかけているよう。



闘志みなぎる偉大な音楽家たちは…

03172.jpg
「モーツアルト君、我々がなんとしてでも復興へ導こうではないか!」
「バッハさん、意気込みはすばらしいのですが、その髪型なんとかなりませんか…」




モナリザにも匹敵する、慈愛に満ちた表情で…

03173.jpg
「買いだめはいけません。電気は最小限に…美容のためにも、早寝早起きを」




新入りのロッキングホースも…

03174.jpg
「さあ!僕の背中に乗りなよ。寒さも空腹もないところまで連れてってあげる」





この度の東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた皆様に
心よりお見舞い申し上げます。
言葉では簡単になってしまいますが、
一日も早い復旧をスタッフ一同、お祈り申し上げます。



最後に、Kicaの住人からこんな声。

03171.jpg
なぜか沖縄弁


アンティークのマッチホルダーなのですが、
顔にしか見えません…
何事にも動じない、この飄々とした表情を見習って
強い気持ちで、冷静に。
できることから、できるだけ。
これからの長期戦、まだはじまったばかりです。



posted by kaori


あたたかな光

.14 2011 antique comment(0) trackback(0)
今日は朝から雪です。

古いロブジェの磨りガラスに、大きな雪の影が、とても幻想的にうつります。


そんな日には、あたたかなアンティークのランプが似合う
2011-02-14 12.25.47

ベルギーのランプ。クラゲみたいな、ふんわりシェードには、ベルベットのリボンが巻いてあり、
まるで舞踏会のドレスのよう。
そっと歩きだしそうな猫脚のスタンドです。¥26750


2011-02-14 12.29.39_edit0


こちらもベルギーから。少し色褪せた三色のフサがぶらさがっています。
形も長さも微妙にバラついていて、なんだか不完全なその姿がいとおしい。
¥23200


いずれも、コードは新しいものに取り替えていて、しっかりと照らしてくれます。


こんな、あたたかな光りの下では、雪の寒さも苦にならないかも。


Posted by haruko








その静謐な夜のために

.13 2010 antique comment(0) trackback(0)
1212-1.jpg



敬虔な気持ちで迎える



1212-2.jpg



その一夜のために



1212-3.jpg



あなたに必要とされるかもしれない何かが



1212-4.jpg



ここにあります




posted by kaori

続・理想の椅子

.04 2010 antique comment(0) trackback(0)
先月こちらで紹介して、私たちスタッフもお気に入りだった「理想の椅子」

なんとブログをアップしたわずか数日後に、素敵なお客さまのもとへ。

新しい門出を喜ばしく思いながらも、こんなにも早く別れの日が訪れようとは…

しょんぼりしていた私たちに、オーナーが新しい椅子を届けてくれました!



np.jpg



新しい椅子、とはいえとっても古い椅子。

ナポレオンⅡ世の時代というから18世紀前半のものでしょうか。

座面のかわいさはもちろん、気品あふれる脚のフォルム…

「理想の椅子」2代目に、満場一致で認定!



この素敵な椅子のほかにも、ミッドセンチュリーな雰囲気の応接セットや

ただならぬ貫禄の書斎机などが入荷しました。

お越しの際は2階も忘れずご覧になってください。


posted by kaori

理想の椅子

.19 2010 antique comment(0) trackback(0)
ロブジェキペピに並ぶアンティークの家具や雑貨、
そのほとんどはヨーロッパのものですが、
日本の古いものも違和感なくまじっています。


09191.jpg


オープン当初からお店にいる古株、この椅子もそのひとつ。
いつも古着の部屋の奥にひっそり置かれているのには理由があります。

ひとつは、靴をためされるお客さまに掛けていただけるように。

そしてもうひとつ…
わたしたちスタッフが事務仕事をするとき、腰掛けるために!

商品を日常使いするなんて、たいへん申し訳ないのですが
この椅子、すばらしく座り心地がよいのです。



適度に張りがありながら、ふかふかの座面。

時を経ていい具合にくたびれたビロードを留めている鋲の色が、
個人的にたまらないポイント。

09192.jpg



腰から背中にかけてやさしくホールドする、背もたれの絶妙なライン!

09193.jpg



1点もののアンティークにはどうしても愛着がわいてしまって
できればいつまでも旅立ってほしくないな…なんて思うものもたくさんありますが、
この椅子への想いは、スタッフみんな同じなのではないでしょうか。

とはいえ、気に入っていただけたらいつでもお嫁に出す覚悟はできていますので
理想の座り心地をお試しになりたい方はどうぞお声をかけてくださいね。


posted by kaori

!!!!!

.02 2010 antique comment(0) trackback(0)
古びた一軒家ショップ、ロブジェキペピで
耳をすませばきこえてくる
アンティーク雑貨やヴィンテージの洋服たちの
たのしいおしゃべり。


きょうの声の主はこちら。


09021.jpg


フランスから、届きたてのほやほや!
びっくりマークを並べたみたいなデザインが印象的なカフェオレボウル。
とりわけかわいいデザインが多いことで知られる
ディゴアン&サルグミンヌ窯のものです。


09022.jpg


他にも、われらがオーナーが真夏にフランスを旅して連れ帰った
選ばれし精鋭たちがロブジェに並んでいます。
目移りせぬよう、ご用心を!


さてさて、つぎはどんなおしゃべりがきこえてくるのやら…


posted by kaori


 HOME 

about

2010年春、神戸・岡本に誕生した一軒家ショップ 「ロブジェ キ ペピ」スタッフによるブログ。 「さえずるオブジェたち」という店名のとおり ヨーロッパの古道具や雑貨、ヴィンテージ古着 たちとの楽しいおしゃべりを、お伝えします。

L'objet




L'objet qui Pepie/ロブジェキペピ #6580015 兵庫県神戸市東灘区岡本5-2-4 tel+fax 07 87 78 42 57 lobjet@kica.co.jp open 11:00~19:00 closed on Tuesday

follow me

recent entry

category

archives

comments

search this site

RSS

link

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。